そのヘアダイが危険なんです。

美容院や自宅などで、ヘアダイを使って白髪染めをしている方は沢山いると思います。 そういう方々は、ヘアダイが髪の毛を傷めていることには 薄々気づいてるとは思います。

ところが実は、ヘアダイの本当の恐ろしさは 別のところにあるのです。

確かに、ヘアダイの実害がすぐに目に見える訳ではありません。 ところがヘアダイを長年使い続けることで毒素が体内に蓄積し、血液障害や アレルギー、子宮内膜症を引き起こすことになりかねないのです。 そうなってからでは、手遅れになりかねません。

そこでこのサイトでは、安全な白髪染めを紹介し、あわせてヘアダイや 染毛剤の危険性について説明したいと思います。 普段からヘアダイを使用されている方は、このサイトを参考にしていただければと思います。

 ヘアダイとは?

ヘアダイ・染毛剤・ヘアカラーは危険がいっぱい

ヘアダイ(ヘアカラー)の白髪染めを長期間使うことで、髪の弱い方は髪が痛んだり、 パサパサになります。 もちろん、それだけでも問題ですが、それ以上に深刻なのは人体への影響です。

詳しくは別のページで説明しますが、これはヘアダイに含まれる酸化染料のおかげです。 では、どんな点で有害なのか簡単に紹介します。

酸化染料には、発ガン性の強い疑いがある。

血液障害を引き起こす恐れがある

かぶれ・アレルギーを引き起こす恐れがある

子宮内膜症や子宮筋腫を引き起こす恐れがある

もちろん、ヘアダイやヘアカラーの白髪染めを使ったからといって、 すぐに上の症状が出る訳ではありません。 ですが、長年使い続けることで、毒素が体内に蓄積されることだけは 頭の片隅に入れておいて貰えればと思います。





これからの白髪染めはやっぱり髪にダメージを与えないものを!

いかがでしょうか?
ヘアダイの本当の恐ろしさを少しわかっていただけたでしょうか?


とは言っても・・白髪をそのままにはできない・・


ですよね・・。
おしゃれ染めなら黒髪を活かしてきれいにすればいいですが、白髪だけはそのままにしておくと一気に老けた印象になってしまいます。

ここでおすすめしたいのはやはり髪を傷めない白髪染めです。

これはここ5、6ねん前から市場に出始め、今ではすっかり白髪染めの主流になっています。

ヘアダイとは異なり酸化染料を使わないで髪を染める白髪染めです。

分類としてはヘアマニュキュアに近いもので、髪に化学変化を起こさせるのではなく、髪の表面に色を付けるというものです。

従来のおしゃれ染めに使うヘアマニュキュアは色が付きにくく一度脱色などしないと色が入りませんでした。
しかし今の白髪染めに使われるヘアマニキュアは1度の染髪でかなり入ります。
それも5分や10分の放置時間で色が染まるように改良されています。

天然成分の染料だったり、染髪しながらトリートメント効果も得られるものなどもあり、染めていた方が髪がツヤツヤになるとも言われています。

人気の白髪染めはこちらのサイトでいろいろ比べることができるので自分にあったタイプを探してみるといいでしょう。

 白髪染めおすすめランキング

髪は女性にとってはとても大切なもの。
危険なヘアダイで取り返しのつかないことにならないように、ぜひ安全な白髪染めをしていきたいものですね。