サイトトップ > 白髪は染めた後までケアをしよう

白髪は染めた後までケアをしよう

白髪染めは、気になる白髪をキレイに隠す事ができるとても便利なものですね。 白髪で悩んでいる人にとっては救世主のようなものでもあります。 しかし、ただ染めれいれば良いというわけにもいきません。

白髪染めは髪や頭皮に想像以上にダメージを与えているので、使い方やその後のケアもとても重要なのです。 白髪を染めて白髪を隠すだけではなく、白髪染めをした後のケアが大切だという事を理解しておきたいですね。 自宅で行う場合でも、美容院で行う場合でも、白髪染めをする過程で、どうしても頭皮にカラーリング剤が付いてしまいますね。

100%頭皮に付けずに行うのはある意味不可能なので、白髪染めをした時には頭皮にもダメージを受けていると覚えておきましょう。 肌が丈夫だという人でも白髪染めの溶剤で、頭皮がかぶれてしまう事もあります。 頭皮にダメージを受けると、髪そのものにも影響が出ます。

美容室で行う場合はまだいいのですが、自宅で行う場合には、できるだけ頭皮につけないようにして、髪が染まった後は念入りに洗い流すようにしましょう。 せっかく白髪が目立たなくなっても、頭皮にダメージを受けてしまい今度は抜け毛で悩むことにもなりかねません。

髪に付いた溶剤だけを落とすのではなく、頭皮もいたわりながらキレイにしてあげましょう。 また、自宅で行う場合は頻度と使い方にも注意しておきましょう。 気分的には月1回行いたいところですが、髪や頭皮に与えるダメージを考えたとき、できれば2か月に1回程度にしておいた方がいいでしょう。

白髪染めには必ず説明書がありますね、キレイに染めたい一心で決められた時間以上放置するようなことがないようにしましょう。 室内の温度が低い冬や、髪の量・白髪の量が多い人は、少し長めにしてもいいのですが、必要以上に放置しないことも大切です。

放置時間も説明書に書かれている範囲内にしておきましょう。 染めた後は、髪と頭皮をいわたるケアも忘れずに行いましょう。 ちょっとした注意で、よりキレイに白髪を染めその状態をキープすることができるのです。